スイッチまたはハブのどちらが良いですか

ルータを使うかハブを使うかは、最終的な目的が何なのかによって決まります。ネットワーク上のすべてのデバイスを接続し、すべてのデバイスが同じ情報を持っていることを確認しようとしていますか?それなら、ハブが最適でしょう。ネットワーク上のどのデバイスにも、ネットワークにアクセスするためネットワークインターフェースカードNIC(Network Interface Card)が搭載されています。このNICにはメディアのアクセス制御を行うMAC(Media Access Control)アドレスがあります。MACアドレスについては、また後ほど説明します。

ハブで情報を送受信することはできますが、インテリジェンスはあまり組み込まれていません。ハブはCSMA-CD(Carrier Sense Multiple Access-Collision Detection)を使用します。簡単に言えば、ハブに接続されたすべてのものをネットワーク上でCS(Carrier Sense)して検出でき、接続されたすべてのデバイスが平等にMA(Multiple Access)アクセスできることを意味し、他のデバイスと同時であっても行うことができます。このようなハブにはインテリジェンスがないため、送信したもの(パケット)が他のデバイスから送信されたパケットと衝突することがあります。パケットの衝突が検出されると、衝突に巻き込まれた各デバイスのNICは乱数を生成し、どちらが先に送信するかを決定します。さて、このようなことは非常に短時間に起こる可能性があり、また実際に起こります。しかし、ハブネットワーク上に多くのデバイスがある場合、これらの衝突を解決するのに必要な時間は、指数関数的に増加します。このことは、ハブがほとんど脚光を浴びなくなり、スイッチが採用される理由となっています。

ネットワーク上のパケットを特定のデバイスにインテリジェントに送信したり、あるデバイスがNetwork Attached Storeのような別のデバイスと通信している間に、別のデバイスがプリンタにファイルを送信したりする場合は、スイッチが必要です。スイッチは、ネットワークに接続されるとMACアドレステーブルを作成し、このテーブルを使用して、デバイスが互いに干渉することなく、データを適切な受信者に送信します。アプリケーションによっては、管理スイッチと非管理スイッチのいずれかが必要になる場合があります。非管理スイッチは「設定し忘れる」ようなものであり、管理スイッチはログインして権限を設定したり、多くの他の設定を操作できますが、これは本来の質問の範囲を少し超えていると思います。スイッチはネットワーク市場を支配しており、ハブは多かれ少なかれ、絶滅の道を歩んでいます。ハブはまだ購入可能ですが、何がどこに送信されるかに、何のインテリジェンスもないことを覚えておいてください。

ここでお話ししたことはすべて極めて基本的なレベルですが、お客様にとって最適なものを判断する一助になれば幸いです。より詳しく知りたい方は、こちらのリンクをご覧ください。Hubs vs Switches




オリジナル・ソース(English)