ワニ口クリップ / フック用に同軸ケーブルを成形する

これは、同軸ケーブルを個別のアース線と中心導体線に分ける適切な方法です。 そこから、ワニ口クリップ、テストクリップのようなお客様が選択した接続部品でケーブルを終端できます。

  1. 外側の絶縁材を所望の量だけ剥ぎ取り、ブレード(軟銅線編組)を露出させます。ここでは、サンプル用に数インチを剥ぎ取りました。

  2. ブレードを中央の絶縁体の上にスライドするように押し戻します。ブレードの外部絶縁材を剥ぎ取った根元付近で、小さなドライバーやピックを使って、ブレードの導線を押し退けて、この部分に「小さな穴」のように見える部分を作ります。

  3. この小さな穴を開けたところで、同軸ケーブルを「U」の字型に曲げます。小さな針鼻ペンチで、中心導体の絶縁体をつかみ、穴からそれを引っ張り出してください。

  4. これで同軸ケーブルは以下のようになります:

  5. 熱収縮チューブの小片を、ブレードと中心導体が分離している部分にスライドさせます。これにより、その点でケーブルにひずみを少し緩和することができます。

これでケーブルは成形され、ワイヤを終端する準備が整いました。両端がBNCとワニ口クリップである汎用的なテストケーブルを作っている場合、これは非常に役立ちます。

image

Tropicalspeed

面倒な編組導体を扱うのではなく、錫メッキしたブレードをアウタージャケットから出ているところから1/8インチにカットし、そこにジャンパ線をハンダ付けしてから、その部分を熱収縮チューブで覆って成形することもできます。




オリジナル・ソース(英語)