RF ケーブルグループの互換性(修飾文字)

カタログに記載されていないが、名前が非常に似ている特定のRFケーブルについてよく尋ねられます。 ケーブルグループには、名前に追加の識別子と文字が付加されている場合があり、これらに注意する必要があります。 この有益な投稿の例として、RG(Radio Guide)ケーブルグループについて具体的に説明します。 これらの識別子/修飾子が何であるか知りたい場合は、この技術フォーラムの投稿にアクセスしてください。



上記の投稿にリストされている修飾子は、これらのケーブルグループに適用される場合があります。たとえば、なかには、RG-142B と RG-142 ケーブルの比較や、RG-6/U と RG-6 の比較を求める人もいるかもしれません。 これらのサフィックスの意味のリストがありますが、修飾子は、ケーブル設計の大きな違いを意味することもあれば、ケーブル設計の非常に小さな違いを意味することもあります。 RG-142B が RG142(RG-6 / Uと同じ)と十分に類似しており、相互互換性がある可能性が非常に高いです。残念ながら、修飾子はメーカーごとに変更される可能性があり、データシートまたは図面にこれらの修飾子について必要なすべての情報が含まれていない場合があります。RG-142B(または RF ケーブルに使用されている修飾子)の代わりに RG-142 が使用できるかどうかを確認するには、仕様と寸法を比較するのが最善の方法です。具体的には、撚り線の種類(撚り線と非撚り線)、ワイヤゲージまたは線径、シールドの種類、ケーブルの種類(同軸、ツインアキシャル、ライザー、プレナムなど)、インピーダンスを確認することをお勧めします。これらの設計属性は、ケーブルを比較する際に考慮すべき最も重要な要素です。例えば、クワッドシールドは標準的な RG-6 コネクタよりもずっと厚みがあるため、適合しません。また、ライザーグレードの RG-59 とプレナム RG-59 を比較しても、同じ状況が発生する可能性があります。要するに、代替品を使用するかどうかを決める前に、必ず同じような名前の RG ケーブルグループの属性を比較するようにしてください。


オリジナル・ソース(英語)