ファンの騒音を起こすもの

ときどき、ファンから異常な音がすることがあります。これらの音は多くの場合、 ( DC ファンAC ファンに関係なく) ファンが正常に動作していないことを示しています。一般に、この騒音レベルに影響を及ぼす可能性があるいくつかの異なる要因があります。

FAN

  1. 通気が不十分だとファンの騒音が大きくなる可能性があります。これはインペラー効果に影響し、風量(CFM)を低下させます。ベント面積をファンのベンチュリの1.5倍に増やすことにより、この騒音を減らし、ファンの性能を向上させることができます。

  2. 気流の障害物もファンの騒音を増加させる可能性があります。障害物がファンの吸気口または排気口にあって直接気流の方向にある場合、気流に影響を与え、不十分な通気と同じです。ファンを遠ざけるか障害物を取り除いてください。これにより問題が軽減されます。

  3. 振動でファンの騒音が大きくなり、特に取付ねじが緩んでいる場合があります。ファンは多くの場合、薄い金属、ラミネート、または木製の表面に取り付けられます。ファンはこの表面に対して振動します。この表面は振動を増幅し、ちょうど大きくてチューニングが悪いスピーカのように、ソフトなノイズになります。この問題は多くの場合、ファンと取付面の間にプラスチックやゴムのグロメットを追加することで解決できます。

  4. ときどき、ファンの騒音はベアリングの問題からきている場合があります。ファンを長期間動作させていたら、ベアリングが単に摩耗している可能性があります。これが問題であれば、ファンの交換を手配する必要があります。




オリジナル・ソース(英語)