校正および校正証明書

機器の校正はいつ行うべきですか?

機器の校正がどれくらいの頻度で必要かという基準はありませんが、ほとんどの人は自分の判断で行います。測定値が正確でなければならない重要なプロジェクトは予定されていますか?それなら、私の提案は、あなたが始める前にそれを校正することです。それ以外の場合は、年に一度、または隔年で、ほとんどの人にとっては十分に機能します。例えば、「この出力が24Vであることを確認したい。 はい、24Vだ。」のように、マルチメータを使用して標準電圧をチェックするだけなら、機器の校正頻度を減らすことができます。

校正証明書とはどのようなものですか?

ULには優れた参考文献がありますので、対応する説明は以下をご覧ください。

image


写真はhttps://legacy-uploads.ul.com/wp-content/uploads/2016/12/00-OP-C0032-V6.0.pdfの6ページからコピーしたものです。ハードコピーは管理されていないため、最新版ではない場合があります。最新版については、電子コピーをご覧ください。

ISO/IEC 17025の校正証明書を取得するためには、UL(Underwriter Laboratories)によると、次のものが必要です:

  1. 認定機関のロゴの形で示される、実施された校正の有効な認定機関の承認(以下の認定承認のリストの例を参照)
  2. 文書のタイトル(「校正証明書」など)
  3. 校正事業者の名前と住所、および校正が実際に行われた場所
  4. 校正証明書のユニークなID(例えばシリアル番号)
  5. 顧客の名前と住所
  6. 使用した方法の識別
  7. 試験または校正された項目の状態と明確な識別情報の記述
  8. 結果の有効性と適用にとって重要な場合は、校正品の受領日、および校正の実施日
  9. 校正事業者で使用されるサンプリング計画と手順への参照
  10. 測定単位による校正結果
  11. 校正証明書を承認した人物の名前、職責(担当した職務)、署名、あるいは同等の識別
  12. 必要に応じて、結果が校正された項目にのみ関連しているという旨の記述
  13. 校正が行われたときの測定結果に影響を及ぼす条件(環境など)
  14. 測定の不確かさおよび/または特定された計量仕様または条項への準拠の記述
  15. 測定がトレーサブルである事の証明

ここでは、当社のサプライヤが提供する校正サービスへのリンクをいくつかご紹介します:
B&K PrecisionCalibration & Repair Cost Estimation - B&K Precision
Cal Test Electronicshttps://www.caltestelectronics.com/support
FLUKE ElectronicsFluke Calibration Services
FLUKE NetworksService Centers | Fluke Networks
Global Specialties - https://www.globalspecialties.com/calibration-a-repair.html
Teledyne Lecroyhttps://teledynelecroy.com/support/service.aspx
TPI (Test Product International)https://www.testproductsintl.com/service-calibration/



chris_dillman DigiKey Employee

私はRachelさんに同意します。迅速かつ簡単な答えはありません。

ここでは、校正の重要性についてより多くの側面をカバーしているPylonの優れた記事をご紹介します。

推奨される校正周期は?

校正業界でよくある質問は、「どのくらいの頻度で業界の品質基準に基づいて機器を校正すべきか?」ということです。

問題は、品質基準が特定の機器の校正期間を指定していないことです。これは、認定機関が所定の周期を決定するには、関係する要素が多すぎるためです。 したがって、企業は独自の校正周期を定める必要があります。

校正周期:一般的なガイドライン

残念ながら、最適な校正周期を見つけるための答えは早急には出せません。しかし、機器を調べ、その挙動を研究することで、適切なスケジュールを設計することができます。

校正周期は、以下のように設定できます:

  • 毎週
  • 毎月または隔月
  • 四半期
  • 半期
  • 毎年
  • またはもっと長く

測定値が正確に見える場合でも、定期的に機器を校正することは非常に重要です。もちろん、予定された校正日より前であっても、測定値に変化があった場合には、すぐに校正を行う必要があります。

すべての測定器に適した単一の方法がないため、校正周期の導出は非常に複雑になる可能性があります。校正の時間間隔に影響を与えるものとして考慮すべきパラメータが多数存在します。最も重要なものは、メーカーの推奨事項、摩耗の傾向、環境条件、使用の厳しさ、修理および保守の記録、および機器を使用するオペレータのトレーニングのレベルです。

初期の校正の時間間隔は、時間の経過とともに精緻化することができます。例えば、校正周期を決定するために使用される手順は、将来の使用のために校正データの記録とともに文書化する必要があり、同様の機器での測定の経験がある人は、校正間隔に関する最終決定を行う必要があります。

校正の時間間隔推定のプロセスは動的なものです。校正スケジュールが確立されても、リスクと校正コストのバランスを微調整する必要があります。また、最初に設定した時間間隔では、適切な結果が得られない可能性もあります。これには多くの理由が考えられます。機器の信頼性が低いこと、使用の厳しさが異なること、完全な校正に比べて限定された校正で十分なことなどがあります。

校正周期:重要な考慮事項

前述しましたが、最適な校正周期を確立する前に、校正の時間間隔を継続的に見直す必要があります。最適な校正周期を見つけるプロセスは、機器の過去の校正データが利用できるかどうか、機器の不安定性のタイプ、機器が調整できるかかどうか、機器が時間経過によるドリフトや使用法によって校正の範囲を超えたかどうか、などのさまざまな要因によって異なります。

以下の点を考慮することで、お使いの機器に最適な校正周期を決定することができます。

  • ユニットの種類が重要です。例えば、電気式または機械式(機械式ユニットは使用や消耗により影響を受ける可能性があります)。
  • 校正周期内の使用頻度
  • ユニットが何のために使用されるかによるリスクの高い要因。例えば、航空や自動車。
  • 特定のユニットの履歴も重要です。例えば、そのユニットは過去に許容範囲外になったことがありますか?
  • ユニットを使用する環境。過酷な環境ですか?ユニットの使用頻度が高いですか?その場合は、より短い校正周期が必要になります。
  • ユニットの使用に該当する他の品質基準や法律はありますか?
  • メーカーは、ユニットの校正周期に関するガイダンスを提供することができます。

校正周期:1オンスの予防は1ポンドの治療よりも優れています。

校正を行うと明らかに時間と費用がかかりますので、あまりにも頻繁に行うとリソースの無駄になります。しかし、ユニットの校正が不十分な場合のリスクもあるので、「用心に怪我なし」ですので、こまめに校正した方が良いでしょう。

校正を怠ると、品質問題、標準/規制要件の不適合、生産のダウンタイム、従業員や顧客の安全リスクが発生し、経済的損失やその他の悪影響を引き起こす可能性があります。

  • 無駄:計器が完全に校正されていない場合は、作業に要するリソースや時間が無駄になる可能性があり、結果として経費が全体的に増加することになります。
  • 不良または疑わしい品質:計器が不適切に校正されていると、完成品の品質に不具合が生じたり、疑問が生じたりする可能性があります。校正は様々な段階で生産の品質を維持するのに役立ちますが、何らかの不一致が発生した場合には信用されなくなります。
  • 罰金または訴訟:損害を被った顧客は、返品して発生した不必要な費用全額を要求することがあります。 しかし、顧客が損害賠償のために訴訟を起こした場合、より大きなリスクがあります。 あなたの会社は、評判と賠償金の支払いに関して深刻な費用を負担する可能性があります。
  • ダウンタイムの増加:完成品の品質の低さは、装置の故障の第一の指標となります。定期的な校正プログラムは、警告の兆候を早期に発見し、これ以上の損傷が発生する前に対処することができます。
  • リコールリスクの増大:校正周期が長すぎると、ユニットが許容範囲外で動作する可能性が高くなります。この許容範囲から外れることが製品のリコールにつながると、結果は非常に高額になり、メーカーのブランドに悪影響を及ぼす可能性があります。ユニットが許容範囲を外れている期間が長ければ長いほど、リコールリスクが大きくなり、リコールされるアイテムが増えます。

機器の校正は、メンテナンス手順の中で最も基本的なものの1つです。機械や装置を使用するすべての事業者は、機械や装置の要件に明記された、確立された校正手順を持っていなければなりません。

適切な校正を行わなかった場合の結果は、適切な校正管理プロセスを維持するよりもはるかに大きなコストがかかります。

ここでは、いくつかの校正事業者をご紹介します。

https://www.transcat.com/calibration-services



https://www.testo.com/en-US/services/calibration




オリジナル・ソース(英語)