センサー応用における磁気抵抗とホール効果

磁気抵抗センサーホール効果センサーは、どちらも磁界の強度を検出するのによく使われます。どちらの技術も集積回路のプロセスと適合性があります。それでは、センサー応用を設計する際、両者に何か違いはあるでしょうか?

一般に、磁気抵抗センサーはホール効果センサーよりもずっと高い感度を持っています。磁気抵抗デバイスの感度は、膜厚と線幅を選択することで調整可能であり、ニーズに合わせて部品を調整できます。

センサー応用においては、磁気抵抗センサーは全極性(N極でもS極でも動作)です。一方、ホール効果は非常に高い磁界強度まで飽和効果のない高精度のリニア測定が実現できます。

sensor

ホール効果センサーはセンサーに垂直な磁界に応答し、磁気抵抗センサーは平行な磁界に応答することに注意してください。

したがって、磁気抵抗センサーは医療アナライザーや磁界エンコーダなど変位を応用する分野で高精度・非接触のユニポーラセンシングに優れています。一方、ホール効果センサーは、CNC工作機械やトランスミッション速度の測定のような歯車の歯の接近の程度を決定するためによく使われます。

磁気抵抗センサーとホール効果センサーの詳細については、こちらの磁気センサーに関するTechZoneの記事をご覧ください。(英語)







オリジナル・ソース(英語)