DupontコネクタとDigi-Keyからそれらを見つける方法

アプリケーションエンジニアリングでよく寄せられるリクエストは「Dupont」コネクタに関するもので、それらは、コンパクトなサイズ、使いやすさ、ユビキタスな特性により、ホビーの小型電子機器での使用で人気があります。残念ながら、「Dupont」は業界標準の用語ではなくブランド名であり、このため、探しているものがわからない場合、Digi-KeyのWebサイトで同様のコネクタを見つけるのが面倒になる可能性があります。

image

悪名高い「The Molex Connector」の場合と同様に、Dupontコネクタを指す特定の業界用語はなく、Dupontコネクタとのみ呼ばれています。 人々が「Dupont」と一般的に考えるスタイルは、非常に低い垂直プロファイル、黒色、および2.54mmの標準ピッチを特徴とする長方形のコネクタのバリエーションです。 これらのデバイスが存在する大体の範囲を見つける最も簡単な方法は、長方形コネクタ - フリーハンギング、パネル実装カテゴリにあり、次のフィルタを適用します。

image
ピッチ:2.54 mm
列の数:1

image
取り付けタイプ:フリーハンギング

これにより、「Dupont」コネクタの基本構造がわかります。 場合によっては、2列のタイプがあることもありますが、これらはより複雑な検索です。ここでは、ホビーエレクトロニクスに共通する基本的な1列のタイプに焦点を当てます。

次に、締め具タイプを選択します。むしろ、締め具タイプを指定しないを選択します。

image

Dupontコネクタはスリムな形状で最も有名で、そのスリムな形状は、摩擦が少なく保持力を持たないことによって達成されています。 このフィルタをかけることにより、「Dupontコネクタ」を検索するときに通常意図されるスタイルに最も近いものになります。

最後に、色を選択できますが、黒い色はこのスタイルのコネクタではかなり一般的です。 通常、色は電気的性能にとってまったく重要ではありませんが、この特定のケースでは、他の色をフィルタで除外することで、実際には近いが必要なシリーズではないものを排除できます。

image

これをすべて完了すると、次のような検索結果の表が表示されます。

image

成功! 特に2つのシリーズがリストの最初に移動することに注意してください。MolexSL 70400シリーズとTEAMPMODU MTEシリーズです。 これらはどちらも「Dupont」スタイルの部品をすばやく見つけるための手軽なショートカットですが、それらが唯一の選択肢ではなく、また、これがそれらを見つける唯一の方法やそれらを見つけることができる唯一の場所でもありません。







オリジナル・ソース(英語)