無線制御(RC、ラジコン)アプリケーション用の一般的なJSTコネクタ

趣味の無線制御アプリケーションでは、コネクタをJSTコネクタまたはRCコネクタと呼ぶことがよくあります。 JSTは同様のコネクタを製造しているいくつかのメーカーの1つであり、RCエレクトロニクスで使用されるコネクタにはいくつかの一般的なサイズがあります。 この投稿では、一般的なコネクタを紹介し、必要なコネクタを識別する方法について説明します。

ピッチがわからないときに、それを特定するのに役立つ投稿を以下に示します:

コネクタのピッチ
コネクタの「ピッチ」とは何ですか?ピッチは、あるコンタクトの中心から次のコンタクトの中心までの寸法です。 以下の図は、コンタクトからコンタクトまでの寸法と、各列間の寸法を示しています。 この場合、各列のコンタクト間のピッチと各列間のピッチが異なることに注意してください。 それらは同じ場合もありますが、複数の列があるコネクタについては常に二重チェックする必要があります。

JST-XHのピン間隔は、2.54mm(0.1インチ)です。 これはマイクロサイズのコネクタではありませんが、非常に一般的です。リチウムイオン電池用の ほとんどのバランスプラグもこの間隔で、PCを含む多くの電子部品の「標準」ヘッダー間隔です。 標準のFutaba / JR型のサーボプラグもこの間隔です。
image

JST- ZH のピン間隔は1.5mm です。

![image|169x150](upload://pPyWT93JKaZaVmID76xzGadBJls.jpeg)

JST-SH のピン間隔は1.0mmです。 ほとんどのリニアサーボにこのコネクタが使われています。
image

そして紛らわしいのですが、もう1つの一般的な「JST」コネクタ(私が最初に知ったもの)は2ピンであり、通常は赤で、通常は小さめのバッテリ(通常は2Sまたは3S)をESCに接続するために使用され、 数アンペア用として良好です。(尋ねる人により電流レベルが異なりますが)。 この「JST」コネクタは、BECコネクタ(バッテリーエリミネータ回路用)とも呼ばれます。 ピン間隔は2.5mmと思います。 これはJST RCYシリーズから来ています。

![image|219x200](upload://52EBgZFQMrCY9rxLIiqI5tFmpI1.jpeg)

https://www.jst-mfg.com/product/detail.php?series=521
このJST-RCYコネクタセットのピンとハウジングを組み立てる方法の説明

Molex PicoBladeのピン間隔は1.25mmです。 これは、Futaba、FlyDream、Walkeraおよび新しいHobby King Micro(DSM2)2.4Gシステムを含む多くのアプリケーションで使用されています。 HobbyKing 1.7および2.2gサーボもこのコネクタを使用します。 2ピンバージョンは、PZブリックと共にバッテリーコネクタとしても使用されます。


image

圧着工具:これらの各ハウジングでは、コンタクトの圧着に高価な圧着工具が必要と思われます。 RCコネクタを使用しているすべてのホビーストにPA-09工具を調べることをお勧めします。 これについていくつかの情報をまとめました。









オリジナル・ソース(英語)