システムオンチップ(SoC)

この製品選択ガイドには、DigiKey.jpシステムオンチップ(SoC)カテゴリの製品選択に役立つ情報が記載されています。

システムオンチップファミリのデバイスは、従来であれば別個のデバイスとして実装された多数のコンピューティングシステム部品(汎用マイクロプロセッサ、FPGAコプロセッサ、表示データ生成用グラフィックコントローラなど)を、単一のデバイス基板上で組み合わせたものです。限定的な容量のデータストレージリソースも搭載している場合もありますが、外部ストレージデバイスへのインターフェースを備えているのが一般的です。


選択属性

アーキテクチャ: デバイスに組み込まれている機能ブロックを示します。

コアプロセッサ: ボードやデバイスの主な計算エンジンとして機能するマイクロプロセッサまたはプロセッサの技術を示します。

フラッシュサイズ: SoCで利用可能な不揮発性メモリの量。

RAMサイズ: SoCにおいて利用可能なRAM(ランダムアクセスメモリ)の総量を示します。

ペリフェラル: デバイス内に組み込まれている、もしくはデバイスのアーキテクチャによって特に提供される、共通の機能を列挙します。

接続性: デバイスがハードウェアサポートを提供する標準化された通信プロトコルを列挙します。

速度: デバイスのクロック周波数を示します。デバイスで実行できる総合的な演算速度に直接影響します。

主要属性: デバイスに組み込まれたプログラマブルロジックコアの簡単な説明。

動作温度: 推奨動作温度で、通常は範囲または最大値で示されます。これらの温度を超えると、性能に影響を与えたり、デバイスや他のシステム部品を損傷したりする可能性があります。

パッケージ/ケース: 取り扱い、実装、保護を容易にするために電子部品に使用される保護ケースのタイプを示します。サプライヤのデバイスパッケージに適用される最も近い業界標準と判断されたものを掲載しています。通常、回路を設計する際には、この用語に依存するのではなく、データシートに記載されている実際の寸法を使用することをお勧めします。

サプライヤデバイスパッケージ: メーカーが使用している、メーカー独自のパッケージ名称です。通常、回路を設計する際には、この用語で判断するのではなく、データシートに記載されている実際の寸法を使用することをお勧めします。


製品

Image

メーカー品番 SC-20100S-A
DigiKey品番 1711-SC-20100S-A-ND
メーカー GHI Electronics, LLC
詳細な説明 ARM Cortex-M7 組み込みーシステムオンチップ(SoC) IC -
480MHz 100-LQFP(14x14)
データシート ここをクリック

Image

メーカー品番 A2F200M3F-FGG256I
DigiKey品番 1100-1233-ND
メーカー Microchip Technology
詳細な説明 ARM® Cortex®-M3 組み込みーシステムオンチップ(SoC) IC
SmartFusion® ProASIC®3FPGA、200Kゲート、
4608 Dフリップフロップ 80MHz 256-FPBGA(17x17)
データシート ここをクリック

Image

メーカー品番 XCZU1CG-2UBVA494I
DigiKey品番 122-XCZU1CG-2UBVA494I-ND
メーカー AMD
詳細な説明 CoreSight™を備えたデュアルARM® Cortex®-A53 MPCore™、
CoreSight™を備えたデュアルARM®Cortex™-R5 組み込みー
システムオンチップ(SoC) IC Zynq® UltraScale+™ MPSoC CG
Zynq®UltraScale+™ FPGA、81K+ロジックセル 533MHz、
1.333GHz 494-FCBGA(14x14)
データシート ここをクリック

メディアリンク

動画
Microchips PolarFire® SoC FPGAs | First Look

記事
セキュアかつコネクテッドのハードリアルタイムシステム向けのFPGA SoCの活用方法

製品トレーニングモジュール
Video/Audio System on Chip (SOC) Codec Modules

システムオンチップ(SoC)を選定する際に、仕様に関してご質問がある方は下のボタンからお問い合わせください。特定のシステムオンチップ(SoC)に関するご質問は、Integrated Circuits (ICs)カテゴリに投稿してください。




オリジナル・ソース(English)