部品の1番ピンを見つける

新しい部品を入手したとき、よくある最初の質問の1つは「ピン配列はどうなっていますか?」です。運が良ければ、デバイスのピン配置と向きがデータシートにはっきりと書かれています。ただし、これが当てはまらない場合、あるいは電子機器の初心者の場合、この投稿で、探しているものを理解してください。

ほとんどのICに適用される基本ルールは次の通りです:極性マークがどこかにあります。その極性マークから、チップの周りを反時計回りに動かし、ピンに1から番号をつけます。

一部のサプライヤは下図のNexperia74HC9114D, 112のように、チップの一方の端に半月型の極性マーカーを使用しています。

このNexperiaデバイスにはもう一つの一般的な1番ピンインジケータ:細長いベベルも表示されます。チップの1番ピン側は、反対側よりも長いベベル(「ベベル」はプラスチックパッケージの上面と側壁との間の角度のある部分のことです)がある側として示されていることに注意してください。このベベルを見て、ベベルが下向きになっている場合、1番ピンは通常左下のピンです。

image

訳注)index = 指標

もう一つは、1番ピンの小さいドット、あるいはその代わりに小さな三角形またはタブがあります。以下のBroadcomHCPL-181-000Eのように、これらのマークのいくつかがあることがあります。大きい黒いドットはHCPL-181-000Eの1番ピンを表します。

HCPL-181-000E

image
※寸法はミリ単位です。

多くの場合1番ピンはチップの角にありますが、小さい丸または三角でマークされているのはその角であり、1ピン自体を示しているわけではありません。