セラミックコンデンサのエージング

Kemetは最近、セラミックコンデンサのエージングに関する新しい論文を発表しましたので、エージング、エージングレート、およびディエージングの主要なトピックに関する情報を共有したいと思います。

コンデンサのエージングとは、長い間の一定の割合での静電容量の変化です。エージングは一般に、decade hour(10倍時間)あたりのパーセンテージとして表されます。Matt Rはdecade hourを説明する非常に良い投稿をしています。

エージングの計算を支援するために、KemetはCeramic Aging Calculator r1.xls (185 KB)を作成しました

静電容量のテストとエージングは​​、多くの人が、新しい未使用のコンデンサに問題があると思ってしまう原因に関するトピックです。大容量MLCCのテスト(英語)に関する投稿もあります。多くの場合、エージングのために、測定される静電容量はデータシートの値からわずかにずれています。

しかし、ほとんどの場合、静電容量はディエージングによって元に戻すことができます。最も一般的には、これは製造プロセスを通じて行われます。リフローはんだプロセスを行うことにより、コンデンサの温度はキュリー点を上回り、自然に元の値にリセットされ、経過日/時間は0にリセットされます。

製造プロセスを行う前にこのリセットが必要なユーザーのために、Kemetはベーキングプロセスも推奨しています。

「コンデンサを150℃のオーブンに最低30分間置きます。 キュリー点を超えている時間は重要ではなく、コンデンサがキュリー点を超えた時点でディエージングが発生します。
ただし、KEMETは、キュリーポイントを超えるのに十分な時間を与えるために、150℃で30分間のディエージングを指定しています。」

詳細については、TechTopicセラミックエージングPDF.pdfのリンクにある、Kemetの記事「セラミックコンデンサエージング:何を期待するか」をご参照ください。
TechTopic Ceramic Aging PDF.pdf (372.9 キロバイト)







オリジナル・ソース(英語)

クリスさんの返信:

Knowles社のバージョンもあります。
https://www.digikey.com/Site/Global/Layouts/DownloadPdf.ashx?pdfUrl=97ABBEDD44694CF895B5AD2C393A0341

参考までに、よろしく。