両面回路基板からスルーホール部品を取り外す

リワークステーションなしでスルーホールコンポーネントを取り外す方法。

我々は皆、両面回路基板からマルチピンスルーホール(スルーホール)部品を引き出す作業に直面しています。 適切なはんだ付けリワークステーションがあれば、難しい作業ではありません。 しかし、すべての人がそのタイプの機器を持っているわけではありません。かなり大きな投資になる可能性があるからです。 これは、簡単なはんだごてとはんだ吸取線を使用して部品を取り外す方法です。 ツールボックスからいくつかのツールを追加すれば、準備は完了です。

今日、このボードでは、誰かがピンの1つを破損したため、この2列ヘッダーを交換する必要があります。


image

部品を交換するので、保存しようとする必要はありません。 取り外した部品は、とにかくがらくたになります! この特定のプロセスを簡単にすることから始めます。 先に進み、ヘッダーからすべてのピンを切り取ります。 以下に示すように、ボードに対している絶縁体にぴったりと合わせて切断します。

image

これですべてのピンが切断されたので、プラスチックを押し上げて、ピンの残りの部分を切り離します。 ここでは、小型のマイナスドライバーを使用しています。 ただし、金属製のドライバーを使用する場合は、銅の配線パターンを傷つけたくないため、押し上げようとしている場所に注意してください。

image

次に、片手でボードの端を持ち、保持したピンセットで、ボードの上面に突き出ているピンをつかみます。 もう一方の手で、はんだごての先端を、保持しているピンの底面側の端子に当てます。 はんだを加熱し、はんだが溶けたらピンを取り外します。 コネクタのピンごとにこの手順を繰り返します。

image
ピンがすべて取り外されたので、ボードの穴からはんだをクリーニングする必要があります。

image

ここで、はんだ除去ブレードの出番です。ブレードの端を次のように斜めに切断したいと思います。


image

接続部を加熱するときにはんだ吸取線を実際に穴に入れることができるように、アングルカットを行います。 これにより、はるかに少ない作業で残ったはんだを吸い取ることができます。


imageimage

すべての穴のクリーニングを続けます。 穴を開ける際に接続部が少し溶けにくい場合、接続の両側をはんだ除去する必要がある場合があります。 完了すると、ボードは次のようになります。

image

今度はボード上のフラックスの残留物に注意してください。 最後のステップは、フラックスクリーナーを使用してボードからフラックスをきれいに取り除くことです。イソプロピルアルコールでもうまくいきます。 完全にクリーニングされると、次のようになります。

imageimage

同じ要領で、スルーホールIC(IC本体のピンを切る)、メスヘッダーコネクタ(最初にプラスチックハウジングを切り離す)、または他の同様の部品に使用できます。








オリジナル・ソース(英語)

技術者ブライアンさんの返信:

小さな追加 ; もし次のような手段があれば、たとえば、はんだ吸取器は大きな助けになる可能性があります。また、熱風リワークツールは、一度にコネクタ全体を引っ張ることができるので大きな助けとなります。